アフィリエイト初心者 口コミ記事 書き方

アフィリエイト初心者が稼ぐ方法はこれだ!すぎじゅんブログ

実は悪い口コミ記事も効果的だった?!アフィリエイト初心者でも書ける記事構成はこちら

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは、すぎじゅんです。

 

今回は口コミ記事のテクニックで、悪い口コミを使った記事の書き方です。

 

「悪い口コミ」⇒「良い口コミでフォロー」この流れで書くことで、自然と商品の良いアピールができます。

 

 

どう書いていくか、

「悪い口コミ」から商品アピールできる記事構成について説明していきます。

 

 

アフィリエイト初心者さんでも、全然書ける構成なので、良かったら挑戦してみてください。

 

悪い口コミ記事とは?

 

その名の通り、悪い口コミや体験談を記事に載せて書く方法です。

 

 

悪い口コミや体験談を記事き載せて「売れるの?」って思うかもしれませんが、意外アフィリエイトの場合、悪いマイナスイメージから商品が売れることって実はけっこうあるんです。

 

 

なぜかというと、

「悪い口コミ」⇒「良い口コミでフォロー」

この順番で、載せることでより商品のアピールができるからです。

 

 

 

良いことばかり書いている記事だと、

中には「アフィリエイトの商品を売るための記事ではないか?」と疑う人もいます。

 

 

商品を売るために良いことばかり書いている記事だと思われてしまうと、

なかなか訪問者は購入してくれなくなってしまいます。

 

 

そのために、自然な口コミの記事に見せるために悪い口コミも載せて書く記事の構成方法です。

 

アフィリエイト初心者さんでも、順をおって書いていけば自然な流れで書けますので大丈夫ですよ!

 

 

悪い口コミ記事の記事構成

 

記事の流れとしては、

 

「商品紹介」

「悪い口コミ」

「良い口コミ」

「全体的な意見や感想のまとめ」

「商品販売ページへのリンク」

 

 

この5つの段階で記事構成をしていきます。

この流れで記事を書くことで、初心者さんでも自然な流れで商品販売ページへ誘導することができます。

 

 

  • 商品紹介をする

最初に商品写真を載せつつ、簡単に商品について紹介する。

ここでいきなり売り込みをすると訪問者に引かれてしまうので、

売り込みはせずにサラッと紹介すると良いです。

 

 

 

  • 悪い口コミ

3~5個ぐらい悪い口コミを載せる。過激なものや感情的な悪口は控えてください。

過激な悪い口コミだと印象回復が難しくなるので、過激なものはできるだけ避けてください。

 

 

 

  • 良い口コミ

3~5個ぐらい良い口コミの載せる。

良い口コミのポイントは、悪い口コミのフォローになるようなものを載せると効果的です。

広告主の言いたいことを代弁し、なるべくポジティブな文章だと好印象です。

 

 

 

  • 全体的な意見、感想のまとめ

ここでは悪い口コミの意見の対応策やフォローをしつつ、良い部分のアピールをすると良いです。

商品の悪い感想で終わってしまうと購入されにくくなってしまうので、

 

悪い口コミ意見のフォローをして

最後はプラスのイメージで終わらせる文章にすると購入につがりやすくなります。

コツとしては広告主の代わりに悪い口コミへの反論を書けると良いです!

 

 

 

  • 商品販売ページのリンク

商品への興味を湧いた訪問者が、

迷わずに商品販売ぺージ移動できるように分かりやすくしてください。

アフィリエイトは商品販売ページに移動してもらえないと

報酬にはつながりませんので分かりやすいリンクで!

 

 

 

初心者さんでもこの流れで記事を書けば、自然と訪問者を商品ページに誘導できる記事になると思います。

 

最近のネットで購入するお客さんは、良いことばかり書いている記事は「商品を売り込もうとしているのでは?」と気づき始めています。

 

 

アフィリエイトは紹介業ですが、

売り込みをガンガンしている記事は今は売れにくいので、

自然な流れで商品紹介と良いアピールをすることが購入につながります。

 

 

「悪い口コミ」を載せて「良い口コミ」でフォローすることで、

商品に不安があった訪問者も「大丈夫なんだ」と安心できます。

 

購入されるには、不安要素をとってあげることも凄く大事な部分だと思います。

 

 

 

 

タグ : 

ブログアフィリエイトで稼ぐ為のノウハウ

すぎじゅんのメルマガ無料登録

お問い合わせフォーム

困ったこと、悩んでいること、分からないこと、などなど
いつでもご気軽にお問い合わせフォームから連絡ください^^

内容はできるだけ詳しくお願いします。
(現在のあなたの状況はどんな状態か分かりませんし、書いていないことまで推測できませんので…)
詳しく書いていただければ、それだけ詳しくご返信もできますので^^
※いたずらメールや嫌がらせメールにはご返信できません。


TOPへ戻る