アフィリエイト初心者 文章書き方 注意点

アフィリエイト初心者が稼ぐ方法はこれだ!すぎじゅんブログ

文章を書くのが苦手なアフィリエイト初心者さんがやってしまいがちな○○なこと

読了までの目安時間:約 6分

こんにちは、すぎじゅんです。

 

あなたは文章を書くのが得意ですか?

 

私はかなり苦労しました…w

 

初心者のうちって書くことがけっこう大変じゃないです?

でも書くことが日課になれば誰でも、文章を書くことには慣れるもんです。

 

 

それで、今回は文章について書いていこうと思います。

アフィリエイトは相手に紹介するビジネスです。

 

それを忘れてしまうと、自分本位な文章の記事になってしまいます。

そういった記事ってやっぱり成約率が悪いので稼げないんですよね。。。

 

見る人に分かりやすい文章で書くこと

 

初心者のうちは文章を書くのも一苦労ですが、

とにかく文章は見る人が分かりやすく書くことを心掛けて書くと良いです。

 

 

専門用語ダラケな文章

アフィリエイトの記事を見ると、たまに専門用語がやたら多い文章を見かけます。

そういうサイトってもの凄く見づらくないですか?

 

 

「専門用語を知っている私はスゴイアピール」なのか、分かりませんがとにかく読みにくいですw

専門用語言っているとなんだか凄そうに思われると思ってたら大間違いです。

めっちゃ読みにくいですよ?

 

 

アフィリエイトは相手に紹介するお仕事です。

ですので、自己満で難しい言葉を使った文章にするのは止めた方がいいです。

 

あなたの言いたいことが相手に伝わりませんので…

中学生でも伝わるよな、分かりやすい文章でを心掛けて書くと良いと思います。

 

 

カッチカッチな文章

それとたまに、初心者さんでウィキペリアのようなカッチカッチを書く人もいます。

そういった硬い文章も、ちょっと相手に伝わりにくいですよね。

 

そいうか、すぐにページを閉じられてしまう可能性があるんですよ。

 

 

私だったら、そんなアフィエリエイト記事があったら1行読んだけで、

速攻閉じて別のページを探しにたぶん行ってしまいます。

 

だって、辞書のような硬い文章の記事を読みたいと思わないですもん…。

 

目の前に相手が居て、

その人にあなたの思いを伝えるような気持ちで書く

文章も柔らかくなりますし、伝わりやすい記事になると思いますよ。

 

 

俺様な文章

あ、それともう一つ駄目な文章があります。

それは上から目線のすっごくエラそうな文章です。

 

たまにいますよね?

あなた何様みたいな俺様な文章の記事が。

 

アフィリエイトの記事ではあまりいないと思いますが、

上から目線のエラそうな文章は、私はムカつきますw

私の心が狭いだけかもしれませんが…w

 

見ていてあまり良い気持ちがしませんね。

 

ということで、俺様目線の相手を思いやらない文章も私はアフィリエイトの記事では良くないと思います。

 

 

3つの心掛け!

私は初心者のころは文章を書くのがすっごく苦手で書くのが大変でした。

 

苦手でしたが、

私はもの3つを心掛けて記事の文章を書くようにしていました。

 

 

  • アフィリエイト記事の文章はできるだけ専門用語を多用せずに、分かりやすく。
  • 目の前に相手に思いを使えるイメージで、硬すぎない言葉使いの文章で。
  • 相手を思いやる言葉使いの文章で。

 

 

アフィリエイトの記事は、

相手にこちらの伝えたいことを伝えられないと意味がありません。

 

できるだけ相手を思って伝えやすい言葉使いの文章にすると良いですよ。

 

行間を入れて読みやすく

 

インターネット上で発信するアフィリエイトの記事には特徴があります。

それは、行間です。

 

 

ネット上だとあまり行間もなく詰まった文章は、見た人に圧迫感を与えてしまいます。

 

文章の圧迫感は見た瞬間に「ウッ」と感じさせて見る気も起きないことが多いです。

 

 

そして、見た瞬間にすぐに別ぺージに移ってしまうことも良くあります。

 

 

パッと見の印象って本当に大事で、

読むか読まないかは最初の見た印象で決まってしまいます。

 

できるだけ、相手が見やすいと思われる行間に適度に開けて文章を作成していくと良いですよ。

 

 

最近ではスマホでも見ることが多いので、スマホもチェックしながら適度に行間を開けながら文章を書くことが大事です。

 

 

 

 

タグ : 

ブログアフィエイト基礎知識

すぎじゅんのメルマガ無料登録

お問い合わせフォーム

困ったこと、悩んでいること、分からないこと、などなど
いつでもご気軽にお問い合わせフォームから連絡ください^^

内容はできるだけ詳しくお願いします。
(現在のあなたの状況はどんな状態か分かりませんし、書いていないことまで推測できませんので…)
詳しく書いていただければ、それだけ詳しくご返信もできますので^^
※いたずらメールや嫌がらせメールにはご返信できません。


TOPへ戻る